2017年6月30日金曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

テキストをシャッフル表示できる【シャッフル関数】を公開しました

これまで診断メーカー内で、多くの「ガチャ」関連の診断が作成されてきました。(→ [ガチャ]がテーマの診断

以前より「『ガチャらしい演出』を加えたい」と考えておりましたが、今回それを実現することが出来ました。

「シャッフル関数」というものを実装しました。
シャッフルさせて表示したいテキストを、=EF_SHUFFLE()という関数の中に入れると、診断結果でそのテキストがシャッフルした上で表示されます。



サンプル診断
「シャッフルを持続させる時間(回数)」「シャッフルを開始するタイミング」をオプションで設定することが出来るので「最後のガチャだけシャッフルを長めに回す」といった演出も加えることが出来ます。詳細は「作成画面」の説明 > 各関数 > EF_SHUFFLE() の欄をご確認下さい。(※一部絵文字・記号が使用できない場合があるので、ご注意下さい。)

これは、診断メーカー上の診断結果の表示だけに影響します。
Twitter等でシェアする内容は、普通のテキストとなります。
ガチャだけではなく、様々なご利用方法があるかも知れませんので、ぜひご活用頂けたらと思います。

不具合等がございましたら、お手数ですがTwitterの診断メーカーサポートアカウントまでご連絡いただけますようお願い致します。

今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

診断メーカー トップページ
診断メーカー 診断作成ページ